医療法人医誠会 城東中央病院
Home > 診療部門のご紹介 > 内科 > PEG(胃ろう)造設と交換について

PEG(胃ろう)造設と交換について

PEG Percutaneous Endoscopic Gastrostomy(経皮内視鏡的胃ろう造設術)

PEG(胃ろう)造設と交換について
PEGは口から充分に栄養が取れない患者さんに、内視鏡を用いて胃に栄養を送るための小さな穴を作り、その穴にカテーテルを入れる手術のことです。そのカテーテルを通して栄養を摂取します。

どのような患者さんに適応?

必要な栄養を口からうまくとれない患者さんです。例えば脳血管障害(脳梗塞、脳出血)にて飲み込む力が無くなったり、むせたりする患者さん、食道、頸の腫瘍などで通りが悪く食事を取りにくい患者さんなどです。

適応外、胃ろうできない患者さん

胃切除後、腹水貯留、内視鏡(経鼻でも)で通過不可能な患者さん、他、出血傾向がある場合など、詳しくはかかりつけ医にご相談ください。

メリットは?

点滴からの栄養より胃-腸から吸収による栄養が優れているのは明らかで、鼻から(経鼻胃管)の栄養補給に比べてもむせ、吐き気もしにくく肺炎の危険性が低下します、また口から食事をとる訓練、言語訓練もしやくなります。口から食べられれば胃ろうとの併用が可能です。患者さん、介護者の負担も軽く自分で抜いてしまう心配が少なく、在宅、施設の管理がしやすいのが特徴です。また入浴も可能であり御家族で簡単に栄養剤の注入ができます。

PEGのメリットは?

胃ろうの造り方

内視鏡挿入し場所確認 内視鏡挿入し場所確認
局所麻酔+胃壁固定 局所麻酔+胃壁固定
カンガル-セルジンガ-PEGキットにて造設 カンガル-セルジンガ-PEGキットにて造設
カテーテル留置 カテーテル留置

胃カメラと造設キットを用いて15分間程で作ることができます。内視鏡を用いて胃に栄養を送るための小さな穴を作り、その穴にチューブを入れます。麻酔は皮下までの局所麻酔ですが、鎮静のために抗不安薬を静脈注射します。手術後1~2日に水分を数100cc注入し、2-3日目から経腸栄養剤を開始します。固定糸の抜糸は胃への通りが完全にできる10-14日後で、抜糸と同時に退院可能です。

合併症;感染 出血 腸管(大腸)穿孔などあります。
    術前、術中の抗生剤、採血、腹部CT検査にて予防しております。

胃ろうのカテーテルの種類

大きく2つに分けてバルーン(風船型)とバンパーに分けられます。
当院では以下の理由でボタン型バンパーを採用しております。

  1. バルーン型より交換がやや煩雑ですが、抜けにくく交換時期が長い
    (バルーンは約2カ月毎でバンパーは約4-6カ月毎です)
  2. ボタン型は指先で開閉がむずかしいですが見た目が目立たず、ひっかかりにくい。

しかしながら介護者のニーズにあわせて変更しております。
介護者が在宅にてカテーテル交換希望するならバルーン型へ、また接続困難と感じるならならチューブ型へ。

胃ろうのカテーテルの種類

胃ろう交換について

胃ろう交換について耐久性はありますが、異物であることに違いはありませんから、バンパー型の場合約4ヶ月から半年に1回定期的に交換を行います。
内視鏡、麻酔なしで数分で交換できます。
交換後はその日から食事も入浴も自由です。
初回交換時には内視鏡で確認しながら交換する事があります。
バルーン型なら在宅にて交換もできます。必ずかかりつけ医に相談して下さい。

胃ろう交換について

当院では交換時最大の合併症である、腹腔内(胃と腹壁の間)誤挿入を防止するためにガイドワイヤーを挿入して交換しております。交換前に胃内に挿入して道筋を確保することで安全に行えます。また交換後は造影剤をカテーテルより注入しレントゲンにて再確認しております。

その他詳しくはかかりつけ医にご相談ください。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
PEG交換造設 細川 直人 細川 直人
外来担当医師一覧へ 診療担当医師が一覧でご覧いただけます

城東中央病院について

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西
5-13-47
Tel 06-6962-0015
Fax 06-6962-5309
info@jouto.com